• ヨガ講師養成 北九州

    ヨガレッスンの中でよく出てくるプランクポーズ。


    安全に行うポーズやより効かせるポジションをお伝えしています。

    肩の下に手首、股関節の下に膝の四つんばいの姿勢から、少し手と足の距離を離したポジションで動作をとると行いやすいです。

    【ワンポイントアドバイス〜プランクについてより詳しく解説します〜】
    準備として、膝をついた四つんばいの状態では腰が落ちてしまわないようにおへそを背骨へ引き寄せ、お腹に効かせた状態を作ります。体力に自信のない方はこのポジションでしっかりお腹を意識するだけでも大丈夫です。
    さらにポーズに入る方は膝を持ち上げて、踵から頭まで一直線になるように整えます。
    この時、手首の上に肩がきて、曲げた指の付け根の上に踵が来て、その場で踵を後ろへ押します。(足と頭が離れていくように身長高く保ちます。)
    より体幹が鍛えられるポジションは、壁に身体の後ろ側を完全につけた基本姿勢のタダーサナと同じ仕組みを意識します(壁に踵、骨盤、肩、後頭部が付き、腰が反らないポジションです)。その場でタダーサナをとるように、踵、骨盤、肩、後頭部がその場で一直線になり、腰が反らないよう下腹を引き上げて腰の背骨のポジションを整えます。
    お腹や、腿の前面に効きます。(下腹部を持ち上げ腰は長く伸ばす、大腿四頭筋を引き締める。)
    程好く筋肉に刺激が入るポジションを見つけて鍛えましょう。

    ・この時に気をつけること2点
    【お腹が抜けて腰が落ちないように】
    腰痛に繋がりますし、身体に効かせることができません。
    また、腹筋の筋力が少ないと感じる方は、最初は一直線よりも少しおしりを上げたポジションで動作をとり、その時腹筋がしっかり効いていれば大丈夫です。慣れてきたら一直線を目指しましょう。

    【肩のポジション】
    肩甲骨は、集めすぎず、離しすぎず、これも壁に背中と肩を預けたときと同じような肩の位置を意識しましょう。手の平は床へしっかり押しますが、押そうとすると肩甲骨が離れてしまう方がいます。肩甲骨のポジションをニュートラルにしながら、また、腕の関節を肩へはめ込むような位置を意識しましょう。肩甲骨を寄せすぎても背骨の位置が変わってしまいます。

    いかがでしたでしょうか?
    新たな発見のあった方はぜひ、練習に活かされてくださいね。

    【ポーズの身体のへのメリット】
    体幹を鍛える
    体全体の強化
    腕、肩、脚の筋力アップ

    6/20ラジオではプランクポーズのポイントについてお話しました。

    6/20放送ラジオ美人創生プロジェクト
    ・ヨガのアーサナ、プランクポーズのポイント
    ・素敵なメッセージを頂きました。「なりたい自分になるために」
    ・それぞれの受講生の良いところを伸ばすという理念
    など

    よろしければぜひご視聴くださいね♪

     

    プランクに慣れてきた人は、肘をついたプランクやサイドプランク、チャトランガにもチャレンジしてみましょう。

    チャトランガの練習

    サイドプランク→パーダングシュターサナのバリエーション

    インナーマッスルに効かせるトレーニング

    インドのヨガ

    スタジオではプランクからさらにインナーマッスルに効かせるフローや、サイドプランクから展開するバランス力アップや柔軟性アップの解説もさまざまご用意しています。

    The following two tabs change content below.
    kurara

    kurara

    ヨガに出会って、大好きなヨガで独立。 初心者ヨガから、教科書には載っていないヨガを発信しています。初心者からでも卒業後のインストラクター活動率100パーセントのヨガスクール、イルソーレ主催。ヨガ講師養成・フィットネスクラブやその他施設のヨガ人材育成など、ヨガで夢を叶えるサポートを行っています。スタジオレッスン、講話、企業や病院等への出張、シニアヨガ記事の寄稿など行い、リトリートやワークショップ講座のご依頼等、出来る限りお応えするようにしています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です