• ヨガ講師養成 北九州

    O脚 X脚のゆがみをまっすぐに整えるためのヨガ

    脚を組むなどの、日常生活の身体の使い方や、座り方立ち方のクセにより骨格や筋肉のつき方がくずれ、身体の歪みが生じます。

    骨盤の歪みに焦点を当てると、
    O脚の骨盤は腸骨が閉じて座骨が広がる→大腿骨が外向きに。
    X脚の骨盤は腸骨が広がって座骨が閉じる→大腿骨が落ち向きに。

    O脚は骨盤が後傾、X脚は骨盤が前傾していることが多いですが、一概にはそうとも言えず、身体は複雑です。
    なので、ヨガや運動でさまざまな動きをバランスよく行い、筋力を鍛えることが大切です。

    O脚の骨盤は
    後ろ重心、外側に体重をのせることが原因

    X脚の骨盤は
    前重心で内側に体重をのせることが原因

    指導者のもとでヨガ行うことで、O脚の改善にもX脚の改善にも効果的です。

    X脚を整えるポーズ
    ウォーリア2
    この動作のときに伸ばしている脚側の腸骨まわりと、曲げている側の膝を外側に広げるようにして股関節を広げるよう、筋肉の力を使いポーズをとる。

    O脚を整えるポーズや姿勢
    山のポーズ(タダーサナ・ヨガの基本の立ち姿勢)
    この身体の使い方をマスターし、そして共通点のあるさまざまなポーズに応用することで、
    O脚を防いだり、筋肉を使うことにより歪みの改善に繋がります。

    簡単に言うと、膝下をやや外向きに(足首を外側に回すように)、股関節をやや内側に(腿をやや内側に)回すように意識して使うのですが、どのくらいの力で、どのように、どの箇所を意識して、というのをレッスンの中でとても詳しく、その人の身体を見ながら説明していきます。

    基本の立ち姿勢については、レッスンや養成の中で何度も何度も練習して身に付けていきます。

    中には一度のレッスンで痛みが楽になったり、脛の位置が正しくなるよう身体を使えるようになったりする方もいますが、いつも正しい意識を持って筋力を鍛えていくことがまっすぐな脚を作るためにとても大切です。

    また、X脚の骨盤の人にとっても立位の姿勢で骨盤を意識することは大切です。

    ぜひ一度、正しい知識を持った指導者のもとで相談してみてはいかがでしょうか?

    この日は脚をまっすぐに整えるための養成講座と、全身を動かすレッスン。

    たくさんの気づきに大変盛り上がりました!

    膝の悩みのある方にも大変喜ばれました。

    このテーマについてはこちらのラジオの中で、もう少し分かりやすく解説しています。

    http://www.ustream.tv/recorded/101771470

     

     

     

    福岡県北九州市小倉北区京町4ー5ー27ー1階
    SPA IL Sole(ヨガサロン・ヨガ講師養成スクール スパ イルソーレ)

    スパイルソーレは、昨日よりも今日、今日よりも明日 美人になる をテーマにした少人数ヨガスタジオ、ヨガ講師養成スクール。楽しくヨガを続けるうちに痛みや不調、気になるところをスッキリ改善、続けるほどに美人に、幸せな人生を手に入れるヨガ♪

    ヨガHPはこちら

    http://clarayoga.net/
    ヨガインストラクター養成スクールHPはこちら

    http://clarayoga.net/conts/school.html

    http://kurarayoga.sakura.ne.jp/blog/ヨガインストラクター養成の流れ/

    ヨガインストラクター養成コース無料相談会&体験

    http://kurarayoga.sakura.ne.jp/blog/archives/455

    団体さま向け出張レッスン・養成講座もお任せください。

     

    The following two tabs change content below.
    kurara

    kurara

    ヨガに出会って、大好きなヨガで独立。 初心者ヨガから、教科書には載っていないヨガを発信しています。初心者からでも卒業後のインストラクター活動率100パーセントのヨガスクール、イルソーレ主催。ヨガ講師養成・フィットネスクラブやその他施設のヨガ人材育成など、ヨガで夢を叶えるサポートを行っています。スタジオレッスン、講話、企業や病院等への出張、シニアヨガ記事の寄稿など行い、リトリートやワークショップ講座のご依頼等、出来る限りお応えするようにしています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です