• ヨガ講師養成 北九州

    リクエストあり、ランジツイストの大腿の前面を伸ばすポーズのワンポイント解説です。

    ダウンドッグから右足を両手の間に移動※1。(右手の外側に移動するやり方もあり。※2)
    左膝を床におろす。
    股関節を床に近づける。
    左膝を曲げる。
    右腕を天井へ伸ばし胸を開きながら上半身を右へ軽くツイスト。(左胸を右膝に近づけるように。※1の場合 上体は右膝に近付く。右膝は体側へ寄せる力を意識。)
    肩を回しながら右手で左足をとり、左ひざを曲げそれを右手で手伝うように左踵を左臀部に近づけ左腿の全面を伸ばす。(この時、臀部のやや外側に近づけると腿の広範囲の伸びが広がる。)
    丁寧に呼吸を続け、3~5呼吸分ポーズをホールドする。左右均等に行います。

    手が届かない時はポーズを無理に行う必要はありません。今できるツイストや腿の前面を伸ばすポーズ、バランスポーズなどさまざまなポーズを練習しましょう。

    ポーズにチャレンジしてみたい時は無理につま先を探さず、ヨガベルトやタオル等で僅かに引き寄せて、効いている箇所を味わってみましょう。

    軸を保ち、胸や肩を開きながら上体を無理なくツイストさせることがポイントです。

    《前腕を床におろしたポジションでの練習は》
    ダウンドッグから右足を両手の間または右手の外側に移動し、一度両方の前腕を地面におろす。(肘を床におろしたまま左手で右足首を持つやり方も◎)
    上のランジツイストと同じように左膝を曲げ、胸を開き上体を軽く捻り、左臀部へ左踵を引き寄せ右手で手伝う。
    呼吸を続けながら心地よい伸びを味わいましょう。左右均等に行います。

    代謝アップ
    腰痛予防
    左右のバランスを整えること
    リラックス効果
    腿前面を使った後の筋肉痛の解消
    に役立ちます。

    腿前面の柔軟を含めたヨガは、腰痛予防のセラピーにもよく取り入れられています。

    上のランジツイストの他には、カポターサナ(鳩のポーズ)、ヴィラーサナやスプタヴィラーサナなど代表的なポーズです。

    またご紹介します♪

    小倉駅徒歩5分

    ヨガアライアンス認定校

    少人数制ヨガサロン&ヨガ講師養成 イルソーレ

    http://clarayoga.net/

    The following two tabs change content below.
    kurara

    kurara

    ヨガに出会って、大好きなヨガで独立。 初心者ヨガから、教科書には載っていないヨガを発信しています。初心者からでも卒業後のインストラクター活動率100パーセントのヨガスクール、イルソーレ主催。ヨガ講師養成・フィットネスクラブやその他施設のヨガ人材育成など、ヨガで夢を叶えるサポートを行っています。スタジオレッスン、講話、企業や病院等への出張、シニアヨガ記事の寄稿など行い、リトリートやワークショップ講座のご依頼等、出来る限りお応えするようにしています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)